詰め物|大沢歯科(瀬戸市北山町、歯科医院・歯医者)

〒489-0984 愛知県瀬戸市北山町60  0561-84-8255
電話
メニュー


歯の詰め物について

詰め物について、その種類と大きな特徴をご説明致します。

なお当院では、「目立つ銀歯をどうにかしたい・・・」 「治療したいが銀歯は入れたくない」、こうした審美・美容歯科意識の高い時代のニーズに応える為に、天然歯に限りなく近い審美的な色・質感を持つ新セラミックブロックと高精度3Dコンピュータを使用し、チェアサイド(院内)にて詰め物やさし歯を設計・加工する事により、白い歯(白いさし歯・白い被せ物)や白い詰め物などを最短わずか1時間(通院1日・即日)でのオールセラミック治療が可能となるシステムも導入しております。

詳しくは、こちらのサイトをご参照下さい。⇒ ワンデイセラミック治療について

詰め物の治療に使用する素材

セラミック

セラミックお皿に使う陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がり、金属アレルギーを起こしません。
ただし、極度の衝撃で割れる事があります。


金の詰め物

金の詰め物多少目立ちますが、とても 適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。金属アレルギーも起こしにくいです。


銀の詰め物

銀の詰め物健康保険が適用できます。
他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。


材料による3つの違い

詰め物には使用する材料により、主に3つの点で違いがあります。

違いその1 美しさ

白くて自然な美しさ
小さな詰め物でも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれる事もほとんどありません。

美しさ

違いその2 再発リスク

二次虫歯の危険性
詰め物は、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発する事もあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。

耐久性

違いその3 安全性

金属アレルギー
歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になる事もあります。
オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

安全性

詰め物の種類と特徴 一覧

ページトップへ

詰め物について:大沢歯科医院(愛知県瀬戸市・歯科医院・歯医者)

×